ファンヒーターが動かない時、どこに修理依頼・電話連絡するのが正解?

ファンヒーターが動かない時 どこに修理依頼するのが正解?

 

暖房ボイラーと暖房端末(ファンヒーター、パネルヒーター、ファンコン、浴室乾燥機など)で、それぞれ製造メーカーが違うというお家は少なくありません。

例えば「暖房ボイラーはノーリツ製だけど、使用しているファンヒーターは富士通製」等のケースですね。もし「富士通製のファンヒーターから暖かい風が出ない」という場合、あなたならどこに修理依頼の連絡をしますか?

 

ノーリツのボイラーが悪いような気もすれば、富士通のファンヒーターが悪いような気もしますよね。正しい業者に連絡しないと、無駄な費用が発生してしまうかもしれません。

このページでは熱源機と暖房端末で製造メーカーが違うという場合、どこで修理依頼する業者を見分けるかについてのポイントをご紹介したいと思います。

 

給湯器博士、今回もよろしくお願いします!

こちらこそよろしくお願いします!

 

スポンサーリンク

暖房端末に異常があるときの修理連絡先の見分け方

暖房端末に異常があるとき 修理連絡先の見分け方・調べ方

 

給湯暖房機(暖房熱源機)にエラーは出ていないか

まずは、給湯暖房機(暖房熱源機)にエラーが出ていないかどうかを確認しましょう。熱源機のリモコンがある場合はリモコンを、リモコンが無い場合はボイラー本体が変に点滅していないかどうかを確認してください。

基本的に、熱源機がエラーを出している状態であれば暖房ボイラーが悪いという判断でほぼ間違いありません。特に多いのはエラー043ですね。

給湯暖房機のエラー043は暖房水不足|応急処置可能でも注意あり!

 

エラーが表示されていないかどうかを確認する時に、もしエラー表示が無ければ「ちゃんと燃焼しているかどうか」も確認してみてください。

リモコンがあるならリモコン上で火のマークが付くかどうかで確認できますし、リモコンが無い場合は暖房ボイラーの排気ガスが出ているかどうかで確認できます。燃焼動作にしっかりと入っているようであれば、熱源機以外の部分(ボイラーよりも端末側)に不具合が生じている可能性がグッと高まるでしょう。

 

暖房端末の移動は可能か

もし不具合が出ている暖房端末がファンヒーターで、他の場所への移動が可能だという場合は、別の箇所に移してどうなるかを見て欲しいと思います。

ご家庭によっては「ファンヒーターが2台、ファンヒーターを使用できる温水コンセントが2箇所以上」というケースも少なくないので、そういうケースであれば「今動かない組み合わせを変えてみてどうなるか」を確認してみてください。

 

もし暖房ボイラーに問題があるのだとすれば、どのような組み合わせを試しても同じような症状になります。

もし「特定の温水コンセントを使ったときだけ動かない」というのであれば、温水コンセントや暖房配管などの不具合の可能性が高まりますし「特定のファンヒーターだけが動かない」というのであれば、そのファンヒーターの不具合でほぼ確定です。

 

暖房端末がパネルヒーター、動かせないファンヒーター等の場合

暖房端末がパネルヒーターだったり動かせないファンヒーターだという場合でも、複数箇所に設置されているのであれば「特定の箇所だけの不具合なのか、それとも全体の不具合なのか」で判断が可能です。もし正常に動作している箇所が1つでもあれば、暖房ボイラーの不具合という可能性は非常に低くなります。

またパネルヒーターの場合に「左右のどちらかしか温まらない/上下のどちらかしか温まらない」というのは仕様上の可能性があるので、パネルヒーターの取扱説明書をご確認ください。

パネルヒーターの種類によっては「フルパワーで動く必要が無い場合に、上下左右の半分にしか循環液を流さない」という方法で温度調整する製品もあります。

 

 

パネルヒーターの場合、もし特定箇所が動作しないというのであれば「バルブハンドルが固着していて正常に循環液が流れていない」という可能性があります。何度か開けたり閉めたりすることで正常に動作する可能性があるので、ぜひ試してみてください。

 

 

スポンサーリンク

暖房ボイラー→暖房配管→暖房端末のどこかに不具合がある

暖房ボイラー→暖房配管→暖房端末のどこかに不具合がある

 

端末の直前まで熱い循環液が来ているかどうかを確認する

ファンヒーターの場合、もし温風が出てこないという症状でも「ファンヒーターの直前まで温かい循環液が来ているかどうか」くらいは、本体に手をかざすと分かったりします。

パネルヒーターの場合でも「パネルそのものは熱くならないけど、ハンドルバルブ付近は熱い」ということが結構あって、この場合は暖房ボイラーは正常に動作していることが多いです。

 

暖房端末の直前まで熱い循環液が来ていることが分かれば、ほぼ暖房端末の不具合と考えて間違いないでしょう。

一方で「暖房端末の直前でも熱い循環液の雰囲気を微塵も感じない」という場合は、そこに至るまでの配管か熱源の暖房ボイラーに問題があるので、暖房ボイラーが動いているのであれば配管に問題がある可能性が高いです。

 

パネルの直前まで熱い循環液が来ているかどうかを素手で確認する場合、もし熱い循環液が来ていると火傷してしまう可能性があるので、確認の際は厚手の手袋をするなど安全面には十分に配慮してください。

そういう大事なことは先に言ってくれるか?

 

暖房配管に問題があるケースとは?

暖房端末付近では熱い循環液の雰囲気を感じず、しかし熱源の暖房ボイラーはしっかり動作しているっぽい…。こういう状況だと中間の暖房配管が怪しくなります。

ここで問題なのは「暖房ボイラーでもなく、暖房端末でもなく、暖房配管に不具合があったら、どこに修理依頼をすればいいのか」という部分ではないでしょうか。

 

 

通常、多くのご家庭では上記画像のような暖房用熱動弁(アクチュエータ)と呼ばれる部材が使われていて、ここで循環液の流量調整をしています。ここに不具合があると「暖房ボイラーは動いているけど、家の中には熱い循環液が全く入ってこない」という症状になります。

基本的には、給湯器メーカーの修理業者を手配すれば問題ないと思いますが、一部例外として「施工業者でないと修理できない」という可能性もあるため、この場合はハウスメーカーなどに聞いて確認しておくとトラブルが少なくなるはずです。

 

あまり見ない例ですが「最初はノーリツの暖房機を使ってたけど、途中でリンナイに変えた」等の場合、ノーリツ製の熱動弁が使われているケースがあります。このケースだとリンナイの修理業者を呼んでも、ノーリツの熱動弁の修理・交換は難しいことがあるので、こういう特殊なケースの場合は注意が必要です。

 

スポンサーリンク

最後に

全てのご家庭で「暖房ボイラーと暖房端末のメーカーを統一してくれれば問題ない」と思うのですが、どうしても「パネルヒーターはここ/ファンヒーターはここ」というこだわりをハウスメーカーが持っていたりするので、なかなか難しい部分が大きいです。

暖房ボイラーは動いているか、暖房端末は全てが動作していないか。この2点を確認してから修理依頼の電話をするだけでも連絡先を間違うリスクは十分に減らせるので、もし困った場合は少し落ち着いて調査してみてください。