賃貸物件の給湯器が故障したら?|修理の連絡先は管理会社(大家さん)

賃貸物件の給湯器が故障したら? 修理の連絡先は管理会社(大家さん)

 

給湯器を使わない日があるという人は、実際にはそう多くありません。多くの人は突然給湯器が故障してしまうと、お湯が使えないことへの焦りと不安でテンパってしまうのではないでしょうか。

そんな時、更に拍車を掛けるようにして「どこに連絡をすればいいのか分からない」というユーザー様が結構います。ご自身の持ち家であれば何処に連絡しても自由ですし、給湯器本体もご自身の所有物なので問題無いでしょう。ただし賃貸物件の場合は注意が必要です。

このページでは「賃貸物件に住んでいる人が、給湯器が故障して困った時に何処に連絡するべきか、どのような対応をすべきか」について書いていきたいと思います。

 

給湯器博士、今回もよろしくお願いします!

こちらこそよろしくお願いします!

 

スポンサーリンク

賃貸物件の場合は管理会社か大家さんに連絡

賃貸物件の場合は管理会社か大家さんに連絡

 

結論から言うと、賃貸物件の場合の多くは「管理会社か大家さん」に連絡すればOKです。

集合住宅であれば近くに大家さんが住んでいるというケースもあるでしょうし、それなら大家さんに直接言うのが早いかもしれません。一方で大家さんとは会ったことがないというケースも少なくないと思うので、そのような場合は管理会社に連絡するのがいいでしょう。

大半の人は、お家やお部屋を借りる際に、給湯器やエアコンなどの設備も借りている状態だと思います。ごく稀に「給湯器は自分の所有物だ」というパターンもあるようですが、この場合はご自身の持ち物となるので管理会社に連絡をする必要はありません。

 

たまに賃貸物件に住んでいるユーザー様から修理依頼をいただき、実際に修理訪問させていただくと「修理費用の請求は大家さんにしてください」と言われることがあります。そのような場合は大家さんから修理依頼をいただかないと、請求先の変更が難しい場合があるので注意してください。

 

スポンサーリンク

賃貸物件の給湯器の修理費用は誰が負担するか

賃貸物件の給湯器の修理費用 誰が負担するか問題について

 

では給湯器の修理費用は誰が負担するかについてですが、これは入居時の取り決めに沿って負担割合が決まります。

ほとんどのケースで自然故障の場合は住宅管理会社(大家)負担となり、入居者が修理費用を負担するということは、ほとんどありません

ただしこれに関しては、あくまでそういうパターンが多いというだけで、ごく稀に「修繕費は半々」等という契約になっているケースも見るので、読者様自身の契約がどうなっているかを確認することをおすすめします。

 

自分がいずれ賃貸物件を出ていく時のことを考えたら、修理費用は住宅管理会社(大家さん)に出してもらいたいけどね。

ほとんどの賃貸物件では「請求は管理会社へ」という指示があります。
ただし、ユーザー様の使用方法が悪くて故障させてしまったというケースでは、ユーザー様の全額負担となるケースも少なくありません

全額負担って大変なことになるんじゃないの?使用方法が悪くてってどういうこと?

それでは以下で詳しく説明していきますね。

 

「凍結破損」はユーザー負担になるケースが多い

住宅管理会社や大家さんの多くは「凍結破損=ユーザー様の管理不足」という認識です(実際にそうなのですが…)。これをいちいち大家さんが負担し続けるのは、極めて現実的ではありません。

凍結破損は「水抜きをすることで防げる故障、不具合」ということになり、90%以上がユーザー様の過失によって引き起こされてしまう内容です。

もしかすると契約時の取り決めにも記載があるのではないかと思いますが、基本的には故障原因が「凍結破損」という診断になった時点で、ユーザー様に請求がいくことは覚悟した方がいいでしょう。

 

「機器正常」はユーザー負担になるケースが多い

一方で機器に異常がなかった場合についても、ユーザー様の負担になるケースがあります。ただしこれに関しては判断が微妙で、住宅管理会社や大家さんの判断によって大きく変わるような気もします。

例えば「音が大きい」という依頼で修理依頼をして「経年劣化によって少し燃焼音が大きいだけで、機能自体に問題はなし」と判断されたのであれば、大家さんが負担してくれてもおかしくはないでしょう。

一方で「機器の仕様上のため異常なし。使用説明をして修理完了」という内容になってしまうと、ユーザー様が取扱説明書を読んでいれば問題なかったという判断になりかねません。

 

取扱説明書の「もし故障だと思ったら?」という項目には、ユーザー様がやってしまいがちな初歩的なミスが数多く掲載されています。

ここに掲載されている内容で修理業者を手配し、簡単に直る不具合で点検診断料が発生してしまうケースも少なくないので、修理依頼をする前にまずは取扱説明書をチェックするといいでしょう。

給湯器の修理依頼をする前に取扱説明書をチェックしよう

 

スポンサーリンク

自分の判断で修理業者を手配してしまうとどうなる?

自分の判断で業者を手配してしまったら? 最悪の場合、実費修理になるかも

 

上の方でも軽く触れましたが、ユーザー様自身がメーカーに連絡をして修理を手配し、業者が来た段階で「請求は住宅管理会社(大家さん)にして欲しい」と頼むケースがあります。

しかし基本的にはこれはNGで、修理業者の立場としては「修理代金を支払ってくれる方からの修理依頼をお願いしている」というスタンスです。

 

少し言い方は悪いですが、もしそこで住宅管理会社や大家さんに「聞いていないし、そんなお金は払えない」と言われてしまっては修理業者としても困ってしまいます。

ユーザー様ご自身が修理金額を負担するというのであれば、大きな問題にはならないかもしれませんが、お金を出すのが自分ではない可能性がある以上はそれを管理している人に話を通しておくのが無難です。

 

そして、たまに「大家さんの判断で、すべての窓口として〇〇設備を通すことにしている」というパターンもあります。この場合、入居者であるユーザー様が勝手に業者を手配したのでは、大家さんが贔屓にしている業者以外に頼んでしまう可能性もあるので、あまり望ましくありません。

こうなってしまうと「〇〇設備からの請求じゃないから払えない」と突っぱねられてしまう可能性もあるので、やはり住宅管理会社や大家さんに事前に相談するのがベストと言えるでしょう。

 

一刻も早くお湯が使いたいのに、大家さんと連絡を取ってから更に業者が来るまで待たないといけないのか…。

たまたま給湯器が故障してしまった日が住宅管理会社の定休日で、たまらず修理依頼をしてくるユーザー様もたまに見かけます。
しかしこの場合だと大家さんとしても面白くない部分があると思うので、数日間のロスくらいは我慢するのが無難でしょう。

それで「凍結破損→ユーザー請求」だったら激おこぷんぷん丸だな!

 

スポンサーリンク

最後に

大家さんによっては「もし何か困ったことがあったら勝手に業者を呼んで、請求書だけこっちに回して!」という指示があるケースもあるかもしれませんが、基本的には「住宅管理会社や大家さんに連絡する」というのが当然の行動です。

そして修理の原因や内容によっては、ユーザー様に請求が上がるケースもあります。

一刻も早く修理したいあまり、ご自身でメーカーに連絡したくなる気持ちも分かりますが、その結果として修理代を請求されてしまっては元も子もありません。まずは管理会社や大家さんに連絡をしてみてください。