給湯器を安心して長く使うには保証延長だけでは不十分!工事保証の必要性

 

新しい給湯器を購入する時、皆さんは何を重視しますか?

  • 性能
  • 値段
  • 工事日(できるだけ早く)

 

性能は今と同じか、今以上の物が欲しいと思う人が多いでしょうし、値段も安ければ安いに越したことはありません。

工事日も、できるだけ早い業者にお願いしたいですよね。

 

性能や工事日については特に大きな落とし穴もないのですが、1番注意しなくてはならないのは値段です。

給湯器の値段は「1円でも安ければお得か?」と聞かれても、実はそうとは限らないんです。

 

この記事では、給湯器を交換する際に知らないと損をしてしまう給湯器の保証の話をしたいと思います。

ぜひこの記事を読んで、給湯器をお得に交換するのに役立ててください。

 

給湯器博士、今回もよろしくお願いします!

こちらこそよろしくお願いします!

 

スポンサーリンク

給湯器の保証(製品保証)

給湯器には1年か2年の保証がある

給湯器を新品で購入すると、製品そのものに1年か2年の保証が付いてきます(高効率タイプの給湯器では、3年の保証が約束されている製品もあります)。

給湯器の機器寿命は10年と言われているのですが、毎日使用するものなので「10年使えて当然」というものではありません。

知らないと損をする給湯器の寿命の話|修理か交換かの正しい判断方法

 

しかし「いくらなんでも1年で壊れた時に修理でお金がかかるのって無責任じゃない?」ということで、すべての給湯器に1年か2年の保証が付いてきます。

 

 

こちらのマークが付いているかどうかで、1年保証か2年保証かが変わります

付いているものが2年保証です。

 

これはベターリビング(優良住宅部品)と呼ばれるもので、一般財団法人によって認可されているかどうかというだけの話で、基本的には商品そのものに性能差があるということはありません。

 

給湯器の場合は、BL品とそうでないものが一緒に売られているケースもありますが、どちらも中身は一緒であることが多く、BL品の方が販売価格は数千円高いものの保証が1年長くなっているという感じです。

 

数千円しか変わらないなら1年間保証が長い方がいいかもね。

物によってはBL品しかない機種などもありますし、メーカー希望価格の金額差が数千円程度であれば、値引き後の金額差はもっと小さくなるので「BL品じゃないものだともっと安くなる?」という期待はできないことがほとんどだと思います。

 

通常製品だと、その機種が製造停止になるタイミングによっては、7年しか供給されない部品がありますが、BL品なら10年間保証してもらえるのも大きな特徴です。

意外と知らないBL品の恩恵とは?|給湯器を買うならBL品が無難

 

部品ごとの保証延長

給湯器にはさらに部品ごとに保証延長が設けられています。

例えば「熱交換器からの水漏れは〇年保証」や「電装基板の故障は〇年保証」というカタチです。

 

これは一般ユーザー様には明らかにされておらず、お金が掛かることを覚悟して修理の業者を呼んだら「保証対象だからお金が掛かりません」と告げられて初めてわかるという流れになっています。

 

機種によっても内容が異なり、リコールではありませんが「明らかに故障が多いというデータが出ている場合」なども保証となるケースが多いです。

 

スポンサーリンク

給湯器の保証(メーカーと契約する保証延長)

給湯器の保証は「基本的に1年か2年、そこから部品ごとに延長される場合がある」と書きました。

そして給湯器の保証には、別途料金を支払うことで加入できる保険も存在します。

 

これは「給湯器の保証期間内に契約する/契約内容に応じた料金を支払う」という条件を満たせば誰でも加入できるもので、ユーザー様と給湯器メーカーの間で結ばれる契約です。

 

 

こちらはノーリツの保証延長における料金表です。

5年、7年、10年の3パターンが用意されており、これらはトータルの保証期間を意味しています。

例えばBL品を購入して10年の保証延長に加入すれば、元々の保証期間である2年+10年という意味ではなく、トータルで10年間の保証というわけです。

 

7年から10年になった瞬間に料金が跳ね上がっているのは、この期間の故障が多いことや10年保証には満了点検がセットになっていることなどが関係しています。

 

あとは給湯機能のみのタイプよりも、風呂機能が付いている方が保険料は高く、さらに暖房機能も付いているとなると更に保険料は高くなるので、ご自身の購入するタイプがどれに該当するのかを知っておくと便利です。

 

給湯器の交換業者には「10年の保証延長付きで〇〇円!」という見積もりを提示してくる業者も多いので、その場合に「保険に自分で加入したら△△円」というのが分かっていれば、実質的な給湯器の交換費用が分かるので、事前にチェックしておくと良いでしょう。

 

確かに2つの業者から交換見積もりを貰って、片方の業者に保証延長が付いてたりしたら、金額的に安い方が必ずしもお得とは限らないね。

給湯器は長く使いたいものですから、この保険内容はお得だと思います。私も加入をおすすめしていますし、私自身も加入している保険です。

 

スポンサーリンク

工事保証(施工業者と契約する保証)

一方でこちらは、施工業者と契約するタイプの保証です。

給湯器の修理をしているのはメーカーサービスという「メーカーが契約しているサービス代行会社」なのですが、給湯器の交換はどこの設備業者、ガス屋さんでも行います。

 

取付技術は業者によって大きく変わるので、取付作業料が安ければ安いほど良いとも言い難いのは、これが主な要因です。

 

 

あまり無いことですが、給湯器には「取り付け方が間違っていたせいで故障してしまう」ということがあり、この場合は製品保証も保証延長も適用外です。

メーカーとしては施工上のミスまで保証してしまうとキリがないので、これらは施工業者の責任となります。

このような時に工事保証があれば、トラブルなく修理が進むことになるでしょう。

 

あまり無いことですが、施工業者の不手際のせいで給湯器を取り付けた次の日に水漏れが発生したということがありました。

本来であれば施工業者がお金を負担すべきなのですが、中には何とかして言い逃れをしようとする悪い業者もいるので注意が必要です。

そういう業者でも工事保証があれば言い逃れできないね。

というか、そういうミスをするような業者は工事保証をしてくれないだろうから、業者選びの判断材料にもなりそうだ。

 

滅多にいませんが「取付さえしてしまえばこっちのものだ!」と言わんばかりに雑な仕事をし、メーカーの保証延長だけを付けて「何かあったらメーカーに全部やらせよう」という、とんでもない業者もいます。

当然メーカーでは施工ミスによる故障は保証していませんので、そういう業者に当たらないためにも、工事保証の有無は重要と言えるでしょう。

 

工事保証に関しては、わざわざ明言していなくても「こっちにミスがあれば責任を持つのは当たり前」という考えをしている業者も多いので、言及していなければ確認してみるのも1つです。

 

スポンサーリンク

製品保証、保証延長の落とし穴

前項の内容とも重複する部分がありますが、製品保証や保証延長には「保証できる内容と保証できない内容」があります。

単純に「年数さえ条件を満たしていれば、故障の全てが保証される」というわけではありません。

 

先ほども説明したように、取り付け方が悪いせいで壊れた場合は保証延長での対応にはなりませんし、これ以外にも「わざと壊した場合(人為的な破壊など)」「落雷などの天災」など例外があるので注意しましょう。

 

たまにお子さんがお風呂でおもちゃを使って遊んでいた拍子にリモコンとおもちゃがぶつかって液晶部分を壊してしまった等の現場があります。

ユーザー様から「保証期間だから何とかなりますよね?」と言われたりもしますが、ユーザー様自身の過失だと保証対象にはなりません。

それを認めちゃったら、ライバル社の給湯器を破壊しまくるよね。

 

スポンサーリンク

最後に

「うちから給湯器を買ってくれたら10年の保証延長を付けます!」という言葉は魅力的ですが、工事保証が付いておらずに雑な仕事をされたのではたまったものではありません。

それに買い替え見積もりを比較している時に、A社の方がB社よりも5000円安いとなっても、B社は10年の保証延長を付けてくれるとなれば、圧倒的にB社の方がお得と言えます。

目先の金額だけでなく、保証内容が充実しているというのも重要な要素です。損をしない為にも様々な角度から比較、検討してみてください。