ノーリツ製給湯器なら、安心プランS(10年)の加入がおすすめ!

 

みなさんは大きな電化製品や高価な精密機械を購入する時に保険に加入しますか?

例えばテレビ、パソコンなんかは購入時に保険を促される機会も多くなってきました。スマホに関しても、画面割れなどを不安視した方の加入率が非常に高いと聞きます。

 

一方で、意外と知られていないのが給湯器の保証延長です。

給湯器は壊れてしまった時に最低でも1万円~2万円の費用が発生してしまうので、給湯器の購入時に「もし保険のようなものがあると知っていたら加入したかった!」という人は意外と多いんです。

 

そこで今回は、ノーリツ製の給湯器を購入する(最近購入した)という人に向けて、安心プランSという保証延長をご紹介したいと思います。

 

給湯器博士、今回もよろしくお願いします!

こちらこそよろしくお願いします!

 

スポンサーリンク

安心プランSって何?=ノーリツが提案している保証延長

 

安心プランSとは、無料修理の保証期間を延長できる有料システムです。一種の保険のように捉えてもらって構いません。

給湯器には通常1年~2年の保証期間が設けられているのですが、決められたお金を払うことで、この保証期間を長くすることができます。

 

安心で質の高いサービス
年中無休、24時間修理受付で、安心サポート
10年プランは満了前に点検案内をし、ご希望者に無償で実施いたします

上記の3点の特徴を持っており、コンセプトは「長く保証、いつでも安心、しっかり満足」です。

 

「安心で質の高いサービス」や「年中無休、24時間サポート」あたりは、安心プランSに加入している人とそうでない人の差はありませんが、最後の「10年プランの満了前点検」が非常におすすめしたい内容となっています。

 

 

安心プランSには「5年・7年・10年」の3パターンのプランが用意されていて、年数が長くなるごとに連れて保証料も高くなっていきます(料金については後述)。

 

この3パターンの年数は「トータルの保証年数」で、商品そのものに1年か2年の保証期間があるからと言って「もともと1年の保証があって、7年の安心プランに加入したら保証期間は8年」とはなりません

 

最初の保証期間が1年になるか2年になるかは「BL品かそうでないか」で決まるのですが、給湯器の機種によっては同じ品番でもBL品の方が高い機種という物が存在します(もちろんBL品がない機種、逆にBL品しかない機種も存在します)。

もし安心プランSに加入するのであれば、BL品でないものを購入して安心プランに加入すれば損をしないので、もしBL品とそうでないものがある機種を取り付けるのであればBL品じゃないものを選ぶのが良いでしょう。

 

スポンサーリンク

安心プランSの保証料

対象商品具体例5年7年10年
ガス温水機器(複合機能)GT-〇〇、GRQ-〇〇5400円7400円26400円
ガス温水機器(単機能)GQ-〇〇4400円5000円25400円
石油温水機器(複合機能)OTQ-〇〇、OTX-〇〇7400円11400円37400円
石油温水機器(単機能)OQB-〇〇、OX-〇〇5000円9000円34400円
ガス温水暖房機(複合機能)GTH-〇〇、GHQ-〇〇5600円8400円27400円
ガス暖房機(単機能)GH-〇〇4400円5000円25400円
石油温水暖房機(複合)OTH-〇〇、OHQ-〇〇9400円12400円50400円
石油暖房機(単機能)OH-〇〇7400円11400円34400円
厨房機器ガスコンロ4900円なしなし

各機種の年数ごとの保証料は上記の表の通りです。

基本的には保険料が高い機種ほど故障しやすい、あるいは故障した時の修理費用が高くなりやすいという解釈で問題ありません。

 

7年から10年になる段階で保証料が大幅にアップしていますが、これは「給湯器の寿命が7年から10年」という事実と、10年のプランには満了点検が含まれていることが関係しています。

 

給湯器の機器寿命は7年~10年と言われており、この期間に故障してしまう可能性が非常に高いので「故障率が高くなる=保険料が高くなる」という関係性です。

<<知らないと損をする給湯器の寿命の話|修理か交換かの正しい判断方法

 

そして満了点検についてですが、5年と7年のプランは期間が終わったら「次の日からは修理料金が発生します」というアッサリとした内容に対し、10年プランは9年目を迎えた段階で点検を受けることが可能になっています。

 

この点検があることによって、仮に10年と1日で故障してしまったとしても「修理費用を安くするための交渉がしやすい」というメリットが生まれますし、そうでなくても点検する方は「前もって部品を幾つか交換しておこう」という気持ちになりやすいので、金額以上のリターンが見込めるでしょう。

 

5年と7年のプランは金額的に見ると比較的入りやすいような気もしますが、よほど水質にクセがあるとか、給湯器を使用する頻度が高いというケースでもなければ、7年以内に壊れてしまうというケースは少ないようにも思えます(もちろん7年以内に壊れてしまうご家庭もありますが)。

「7年は故障なしで使えたけど、7年目~8年目に大きな故障をしてしまう」というケースは割と多いような気がするので、やはり10年の安心プランに加入してもらった方が安心できることは間違いないです。

 

 

スポンサーリンク

安心プランSの加入方法

安心プランSは「ユーザー様とメーカーの直接的な契約」になります。

 

最近は給湯器の交換に際して「当社で交換してくれたお客様には10年の保証延長サービスをお付けします!」とアピールしている業者も増えてきましたが、これは単純に「本来ならユーザー様が負担する保険料を施工業者が立て替える」という感じです。

 

業者によっては「最初からその分の費用を交換費用に乗せているだけ」ということも十分にあり得るので注意してください。

 

 

安心プランSの加入は「給湯器の保証期間内である」という条件を満たしてさえいれば、誰でも加入することが可能です(通常品なら1年、BL品なら2年以内に申し込むことが必須条件)。

近くのノーリツの営業所、あるいはサービスショップに行けば申し込み用紙を貰えるかと思いますが、電話でのお申し込みも可能になっています。

 

基本的には、

  1. ハガキを出す
  2. 振込用紙が送られてくるので料金を払う
  3. 後ほど保証番号の書かれたステッカーが送られてくる
  4. それを給湯器本体に貼る
  5. 修理に来た業者がそのステッカーを確認し、料金の請求先がユーザー様ではなくメーカーになる

という流れです。

 

スポンサーリンク

安心プランSのメリット・デメリット

1回~2回の修理で元を取れる

 

給湯器の修理に掛かる費用は「部品代、作業料、出張料」の3点です。

修理の内容によって費用の大小はピンキリですが、どんなに安い部品でも1点交換するだけで15000~20000円くらいは掛かります

 

特にバーナー、ファンモーター、リレー基板などの精密部品を交換する場合は、修理料金が50000円くらいになることも珍しくありません。

このような内容の修理を受けるという場合は、元を取るどころか大幅にお得になることが多いです。

 

一種の保険なので「元を取る」という考えが正しいかどうかは別にしても、ガス給湯器の10年:26400円、石油給湯器の10年:37400円を10で割れば、1年あたりの費用は2640円~3740円です。

仮に故障しなかったとしても、最終的な点検を受ける権利があるという部分から「決して損にはならない内容」だと思います。

 

修理の完了日数が早くなる

 

給湯器の修理をしていると、どうしても「部品①か部品②のどちらかが原因」とか「部品①を交換してからでないと部品②の良し悪しの判断がつかない」ということがあります。

 

この場合、本来の修理であれば修理費用はお客さんに請求することになるので、事前にしっかりと説明したうえで、多くの場合は「とりあえず①を交換してから一旦点検をし、もしダメなら②の交換に移る」というカタチになるのですが、部品の種類によっては「②の部品は再度注文する」というケースが少なくありません。

 

とりあえず両方の部品を用意してもらって、部品①だけで問題なければそれでいいし、それでだめならそこで初めて部品②を交換してもらうってことは難しいのか?

実は私たちもそれをメーカーに交渉しているのですが、メーカーと私たちとの契約では「サービスショップ(修理業者)が注文した部品は、どんな理由があってもサービスショップの買い取りになる」というルールになっており、使用しなかった部品の返品でも100%の金額は返ってきません。

ユーザー様の「一刻も早く修理して欲しい」という気持ちは重々承知していますが、自分の診断ミスならまだしも「ちゃんとした正しい診断をしているにも関わらず、それでも部品在庫を抱えてしまう」という状況は避けたいというのが本音です。

だから「部品の種類によっては再注文」っていうことか。

交換する機会が多い部品なら、別にそこの現場で使わなかったとしても他の現場で使用できる可能性が高いから問題ないけど、そうでもなければ会社在庫になっちゃうから必要ないのであれば持ちたくないってことね。

 

このような展開になると「本来なら1回の修理で終わった可能性もあったのに、残念ながら2回の修理になってしまった」ということになり、部品は部品で注文したその日に届くわけではありませんから、修理までの日数が長くなってしまうということがあります。

 

安心プランに加入していると修理費用をユーザー様に請求するということではなくなるので「部品①と部品②の両方が悪い可能性があるなら、どっちも一緒に交換する」という選択肢が生まれ、修理が1回で終わる可能性が高くなるのも大きなメリットの1つです。

 

保証内容に注意が必要

安心プランSは非常に優秀な保証延長サービスだと思いますが、1点だけ注意が必要です。

それは保証対象外の故障があるという点なのですが、そもそも給湯器の修理には「例え保証期間内であってもお金の掛かる修理」というものが存在します。

 

言い方を変えると「保証期間だからと言って、何でもかんでも無料修理になるというわけではない」ということです。

 

 

例を出すと「給湯器の煙突の上に落雪があって煙突が潰れてしまい、そのせいで不完全燃焼に繋がって故障した」という場合は保証対象外です。

この場合は「落雪がなければ壊れなかった」という判断になり、保証延長の範疇には含まれません。

 

その他に、よくあるのは使用上の不具合ですね。

例えば「リモコンの液晶が割れてしまった」とか、あとは「お風呂のフィルターを掃除しなかったせいでポンプにゴミが詰まって故障した」等です。

 

この2つに共通して言えることは、どちらもユーザー様の使い方や気配り1つで十分に回避できた故障という判断になり、その機械を使った全員が同様の故障になっていたということには該当しないので、このような場合も修理料金は発生します。

 

イメージ的には「同じ機種AとBの2台があって、Aを設置していてもBを設置していても同様の故障になっていた」という判断になるような故障は保証されません。

 

あとは一部例外ですが、地下水を使用しているという場合はバーナーや基板などは保証の対象になるものの、水通路部は一切保証されません。

そしてお家と併設しているお店(例えばちょっとした飲食店や理容室、美容室など)で、お家の給湯器からお湯を引っ張ってきて使っているという場合は、区分が業務用になるので、これも保証対象外です(この場合は安心プランSへの加入すらできません)。

 

ちなみに保証期間だからということで「本来なら絶対に呼ばないんだけど、お金が掛からないなら呼んじゃえ!」という感じで、使用方法の説明を聞くために呼んだりするユーザー様が一部いますが、故障ではなく仕様上の問題、あるいは正常という括りになってしまうと修理費用は発生します

え、そうなの?じゃあ「音が大きい気がする」って言って修理依頼しても、それが「気のせいです」って言われちゃったら、例え安心プランに加入しててもお金が掛かっちゃうってこと?

音などの再現性が低いものに関しては、実際に点検をしてみて原因が特定できないことも当然あります。

機械が悪いのかユーザー様の勘違いかを断定できない場合は「再現しない」という故障診断になるので、1回なら通常はお金は掛かりません。

あまりにも何度も繰り返したり、あるいは私たち修理業者が「これは間違いなく正常だ」ということが断言できる状況になれば、点検費用を頂くことがあります。

 

中和器の交換は保証対象外

もしエコジョーズ、エコフィールをお使いの場合、給湯器の中に中和器と呼ばれる部品が搭載されており、これは「給湯器が一定時間燃焼したら、必ず交換が必要になる部品」となっています。これは安心プランの保証対象外です。

 

多くのご家庭では、6年~7年前後で中和器の寿命を迎えるかと思います。

中和器の交換に掛かる費用は15000円程度ですが、これは元々安心プランSの保証内容には含まれておらず、あくまでユーザー様ご自身による実費修理となりますので注意してください。

 

<<給湯器のエラー920、930は中和器の寿命|ユーザーができる対策と修理の内容

 

スポンサーリンク

総合的に安心プランSは必須事項!

10年プランの満了点検が抜群におすすめ
1年単位の保険料が3000円~4000円程度
10年近くなってからの故障で買い替えを考える必要がない

 

安心プランSは満了点検がある10年のプランがおすすめなのですが、その大きな理由としては「金額以上のメリットが見込める/10年以内の故障で買い替えを検討する必要がない」という部分が非常に大きいです。

 

金額以上のメリットに関しては、これまでにお伝えしてきた通りです。5年や7年なら「期間内に給湯器が故障しなかった=保険料を損した」という気持ちになってしまうかもしれませんが、10年プランなら満了点検があります。

 

仮に10年間故障が無かったとしても、9年目の点検時に「一応部品交換しておきます」という展開になれば、それだけで十分元を取れることも考えられるので絶対的におすすめです。

 

あとは給湯器を使用して8年目、9年目に割と大規模な修理が必要になった時、多くのユーザー様は「修理するか、本体を新品に交換するか」で悩みます。

 

10年の安心プランに入っていれば「10年以内の故障=修理」となり、買い替えるという選択肢については一切考える必要がないので、あれこれ悩まなくてもいいという意味でもおすすめです。

 

スポンサーリンク

最後に

ノーリツの給湯器、暖房機を使用するのであれば、安心プランは間違いなくおすすめです。それも5年、7年ではなく、10年のプランをおすすめします。

 

もし興味のある方は以下のリンクから実際の契約内容を確認して、資料を取り寄せてみてください。

 

<<ノーリツ公式サイト 安心プランS