給湯器のエラー632はふろ循環不良|ユーザーができる対策と修理の内容

給湯器のエラー632はふろ循環不良 ユーザーができる対策と修理の内容

 

  • E632というエラーが出た
  • ふろ自動でお湯張りをすると、微妙にぬるい状態で止まっている
  • 追い炊きが全く機能していない(追い炊きがぬるい、冷たい)

 

こんな症状の場合は、ふろ循環不良の可能性が高いです。

今回は給湯器の不具合の中でもエラー632の風呂循環不良に注目して、症状や対処法について分かりやすく解説していきたいと思いますので、ぜひ最後までお付き合いください。

エラー632に関しては「リンナイ、ノーリツ、パロマ、パーパス等々」メーカーによって微妙な違いはありますが大体一緒です。

 

給湯器博士、今回もよろしくお願いします!

こちらこそよろしくお願いします!

 

スポンサーリンク

ふろ循環不良(エラー632)とは?

給湯器博士!うちの給湯器が壊れちゃった!

お湯張りしてたら632っていうエラーが出てて、ちょっとぬるかったから追い炊きしたんだけど、またちょっとしてから632っていうエラーが出て全然お風呂が温かくならないんだ。

632のエラーはふろ循環不良のエラーですね。簡単に言うと「追い炊きが上手くできない」というエラーです。

確かに追い炊きをしたらエラーが出たよ!でもその前はふろ自動ボタンを押してお湯張りしていた時にエラーが出ていたんだよね…。追い炊きが上手くできないエラーなら、追い炊きが上手くできない湯張りには関係ないような気もするんだけど違うの?

良い質問ですね!それでは簡単にエラー632がどんなエラーなのかについて説明していきましょう。

説明する前にもうちょっと褒めてくれるか?

 

エラー632はお風呂が循環しない、あるいはお風呂を循環させているということが検知できないというエラーです。

給湯器の追い炊きボタンを押すと循環ポンプが動作し、浴槽内のお湯を吸い取って給湯器で温め、それを浴槽側に送り出すことで水温を上昇させています。

 

その過程で「お湯の温度を計る部品」なんかもあって、ここで検出した温度に達したら追い炊きを停止するという仕組みがあるのですが、それと同じように「ちゃんとお風呂が循環しているかどうか」を検出するための部品が存在するんです。

これは多くのメーカーで「ふろ水流スイッチ・循環判定スイッチ」と呼ばれている部品で、これが動作していない時にエラー632を表示します。

ちなみに追い炊きではなく、お湯張りをしてエラー632が発生するケースもありますが、お湯張りは「自動湯張りをした後で追い炊き動作に入る」ので、お湯張りが終わった後でエラーを出している可能性が高いです。

 

スポンサーリンク

エラー632を引き起こしている原因

ふろ配管の凍結

寒い地域の冬場に良く見られるのが「ふろ配管の凍結」です。

ふろ配管に使用されている配管は多くのお家で「強化ホース」だと思われるので、凍ったことによって配管が凍結破損してしまうという心配は、ほとんど要らないと思います。

追い炊き配管の凍結は配管内に残っていた水が凍ってしまい、それが蓋をするようなカタチでお風呂の循環を妨げているというケースがほとんどです。これは修理業者を手配しても「暖かくなるまで待ってください」と言われるだけだったりします(ユーザー様でできる対処法については後述)。

 

循環金具の不具合で上手く水流が作れていない

循環フィルター

 

雪国の冬以外でもっとも多いのは「循環フィルターのゴミ詰まり」です。追い炊き機能付きの給湯器が設置されている環境では、浴槽内に「循環金具/循環フィルター」と呼ばれる金属やプラスチックのフィルターが設けられていると思います(上記画像がその例です)。

循環フィルターの種類にもよるのですが、このフィルター部分にゴミが詰まっていて水流が妨げられているという場合(本来100のパワーの水流になるべきところが50くらいに弱められている場合)だと、水流スイッチを完全に押し倒すことができずにエラー632を出してしまうことが考えられます。

 

ふろ水流スイッチのゴミ詰まり

その他で多いのは「ふろ水流スイッチにゴミが詰まっている」というケースです。

ふろ水流スイッチと呼ばれる部品は構造が非常に単純で、ふろ循環ポンプが動いて水流が出来たら、その水流に押されてパタッと倒れるだけのスイッチです。弁のような物が付いていて、水流によってその弁が倒れたらその先のスイッチが押されてオンになるというイメージです。

 

ポンプが動いて水流が作れたとしても「弁とスイッチの間にゴミが入ってしまった場合」などでは、ふろ水流スイッチがONされずにお風呂配管の循環が検知できないということが起こります。

この場合は動作そのものは正常であるのにも関わらず、給湯器がお風呂の循環を確認できないのでエラー632を出して止まってしまうということが起きます。

 

循環ポンプの不具合

あとは単純に「循環ポンプが動作していない」とか「循環ポンプが経年劣化、ゴミ詰まりなどによって作ることができる水流が弱くなっている」ということも考えられます。

まったく動作していないような場合では、追い炊きボタンを押しても給湯器から何かが動いているような音が一切聞こえてこないので分かりやすいはずです。

 

スポンサーリンク

エラー632が出たときのユーザー側での対処法

もし循環フィルターに原因があるんだとすれば、自分で掃除をしたら治るのけ?それなら自分でチャチャっと掃除すれば修理費用も掛からないよね。

そうですね。フィルターでゴミが食い止められているという状況であれば、ユーザー様自身でフィルターを掃除してもらえれば改善します。

あとは寒い地域での冬場の凍結であれば、暖かくなるまで待つか、浴槽や浴室を温めるような工夫をすれば改善する可能性が高いです。

フィルターを掃除したけどエラー632は改善しなかったよ。一刻も早く修理しに来てくれるか?

 

循環フィルターの掃除

循環アダプターのフィルターお手入れ

 

まずは「循環フィルターを掃除してみてどうなのか」を確認してみてください。フィルターは軽く回転させて引っ張れば外せる物がほとんどだと思います。外した循環フィルターは、基本的には外側の外れる部分だけを歯ブラシなどを使用してゴミを取るだけでOKです。

網部分が目詰まりしているほどゴミが詰まっている状況なら、掃除してあげることで改善する可能性は高いです。

 

よほど酷い場合だと「フィルターの奥までゴミが侵入している」という可能性もあり、この場合は修理スタッフによる分解清掃や部品交換が必要になることがあります。

「乳白色系統のにごり系の入浴剤を使用した」という場合や「何日もお風呂のお湯を使いまわしている」という場合だと、フィルターでカットできないような汚れがポンプなどに影響を与えている可能性があるので、この場合はフィルターを掃除するだけでは改善しない可能性が高いです。

 

凍結の疑いがある場合

凍結の可能性がある場合、状況にもよりますが大抵は「風呂配管に残っている少量の残り湯が凍って蓋をしている」というパターンだと思うので、自動湯張りをすればお湯が氷の蓋を溶かしてくれるケースがほとんどじゃないかと思います。

もし氷の量が多いという場合だと、もしかしたらお湯張りができない可能性もありますが、この場合は「普段入っているお風呂の温度よりも熱い温度のお湯を直接浴槽に貯める→熱がジワジワ配管に広がり氷を溶かす」ということも期待できるでしょう。

あとは浴室乾燥機、簡易ストーブを脱衣所に置くという方法も極めて有効です。

 

ちなみにお湯張り機能がない給湯器を使用している場合、凍結が改善された後に追い炊きをしようとしてもE632が出続けてしまうということがあります。

これはふろ配管内に空気が入ってしまったことが原因で、その空気を抜いてやれば改善することが多いです。この作業を呼び水と呼びます。

呼び水のやり方は給湯器の取扱説明書にも記載されていますが、当ブログの別記事にもまとめているので、気になる方はぜひ参考にしてください。

追い炊き出来ずにE632|お湯張り機能がない給湯器は「呼び水」作業が必要

 

スポンサーリンク

エラー632を修理・部品交換する際の修理内容と修理費用

部品代は機種によって大きく変わりますし、症状によっては他の不具合と併発している可能性もあるため、ここで示す修理費用はあくまで1つの目安としてお考え下さい。

 

エラー632の点検内容

  1. 追い炊きボタンを押して実際に水流が作られているか、フィルター部分に詰まりが無いか、追い炊き配管が凍結していないかどうかを確認する。
  2. 水流が確認できるならふろ水流スイッチがON/OFFしているかどうかを確認する。
  3. ふろ水流スイッチが動作していないのであれば、水流スイッチそのものを点検する。

 

必ずそうだとは言いませんが、ふろ水流スイッチに影響がある場合のほとんどが「お風呂を毎日掃除していない」とか「にごり系の入浴剤を頻繁に使用して追い炊きしている」というケースです。

ポンプなどの根本的な部分に原因がある場合はさて置き、それ以外のケースであれば清潔な状態で使用しているという場合ならあまり発生しないエラーなので、普段からの使用法を見直すことで発生を防げる可能性も高まります。

 

あまり言葉を選ばずに表現すると、ユーザー様のお家にお邪魔させていただいて浴室を見た時に「清潔なお家だな」と感じる場合のほとんどが循環ポンプや循環金具そのものの不具合です。

一方で「あまり清潔感がないな」と感じてしまう場合のほとんどがゴミ詰まりだったり、ポンプや水流スイッチを分解するとヘドロが出てきたりします。

まじか!ちなみに我が家の場合はどうなんや?空気を読まなくて良いから、正直に言ってくれ!

この場合はたぶんゴミ詰まりですね。ゴミ詰まりだと修理費用も安くなる傾向が強いですが、気を遣って使用していればそもそもの故障が発生しなかった可能性も高いので、これからは少し気を遣ってみてください。

空気を読まんかい。

 

ふろ水流スイッチの交換費用

  • 部品代:5000円以下
  • 作業料:10000円以下
  • 出張料

 

ふろ水流スイッチは基本的にON/OFFの切り替えができるかどうかという単純な構造なので、部品そのものは安いです。

交換すれば20000円以下、調整・掃除なら10000円以下になることが多いでしょう。

そして部品そのものが悪くなるケースはほとんどないのですが、交換してもそこまで修理費用が高くない部品であることや、ON/OFFの切り替えをしている磁気の劣化が見た目では判断できないので、掃除で済まさずに交換するというケースもあります。

 

ふろ水流スイッチにヘドロや皮脂などが詰まっているという状況だと、その他の熱交換器やふろ循環ポンプなどの部品にも同様の汚れが詰まっている可能性があるので、そうなった時の修理費用は膨れ上がってしまう可能性があります。

 

ふろ循環ポンプの交換費用

  • ふろ循環ポンプ:10000円~25000円(機種によって大きく左右される)
  • 作業料:10000円以下
  • 出張料

 

ふろポンプは給湯器の中に搭載されている部品の中でも、TOP5に入るくらい金額的には高い部品です。金額的にはピンキリで、平均的には15000円前後の物が多いような気がします。

ちなみに調整で済むなら作業料と出張料のみで10000円以内で済むこともありますし、交換が必要になるか調整で済むかは状況次第です。

 

前項でも軽く触れましたが、ふろ水流スイッチに詰まっていた汚れが髪の毛や服の繊維ならそこまで問題視しないものの、ヘドロなどが詰まっていた場合だと循環ポンプも高確率でやられています

分解できるポンプもあれば分解できないポンプもあるので一概には言えませんが、よほど水流スイッチの状況が酷かったという場合であればふろ循環ポンプも一緒に交換した方が妥当です。

 

スポンサーリンク

最後に

ふろ循環不良は冬場の凍結で非常に多く見られます。その他は不衛生な状況で使用しているという場合ですね。

もちろんポンプそのものが故障・劣化している可能性もありますし、状況によっては「循環金具が悪いせいで632のエラーが出ている」というケースもあり、簡単に直せる場合とそうでない場合の差が激しい不具合の1つと言っていいかもしれません。

普段から気を遣ってあげることで発生確率を下げることができる故障でもあるので、このエラーだ出てしまったという場合は、今後は気を使ってみるようにしてみてください。