給湯器のエラー140は過熱防止装置の故障|ユーザーができる対策と修理の内容

給湯器のE140は過熱防止装置のエラー ユーザーができる対策と修理の内容

  • 「お湯を使ってたら、急に水に変わった」
  • 「お湯を使ってる途中で、E140のエラーが出る」
  • 「リモコンの電源を入れると、すぐにE140が表示される」
  • 「リモコンの電源を切っているのに、ずっとE140が表示されている」

 

こんな症状の場合は、過熱防止装置(温度ヒューズ)の作動・故障である可能性が非常に高いです。この場合は安全装置の不具合になるので一刻も早い点検修理をおすすめします。

今回は給湯器の不具合の中でも「E140、温度ヒューズの故障(応急処置は可能かどうか)」に注目して、症状や対処法について分かりやすく解説していきたいと思いますので、ぜひ最後までお付き合いください。

エラー140の内容は、リンナイとノーリツで共通です。

 

 

給湯器博士、今回もよろしくお願いします!

こちらこそよろしくお願いします!

スポンサーリンク

過熱防止装置(温度ヒューズ)とは?

給湯器博士!うちの給湯器が壊れちゃった!お湯を使ってたら急に水に変わって、リモコンを見たら140って表示が点滅してたんだ。

140のエラーは過熱防止装置(温度ヒューズ)のエラーですね。電源の入切で使用できるようになりますか?

電源を切ったらエラーが消えたよ!これは使えるの?

使ってもまたすぐにエラーが出てしまうと思うので、修理してしまいましょうか。

 

過熱防止装置(以下:温度ヒューズ)とは、給湯器が異常に熱を持ったりした時に作動する安全装置で、主にお家が火事にならないようにする目的で搭載されています。

ヒューズという名前にもあるように、仕組みとしてはライターの火を近付けたりすると切れるような部品で、1回切れてしまうと電源の入切で元に戻るということはありません。

 

つまり危険な状態になって安全装置が作動したという場合は、電源を切ってエラーが消えるということはないので、電源の入切で復帰する場合は温度ヒューズの軽度な接触不良という可能性が高いです。

そして電源の入切で復帰しないという場合は、危険な状態の手前を検知して作動したか、重度な接触不良であることが考えられます。

電源の入り切りで復旧する大抵の場合は接触不良ですが、熱交換器などに詰まりがあるとその箇所だけ過剰に熱を持ったりすることがあるので、その影響で故障・断線に繋がった可能性があります。

 

スポンサーリンク

給湯器のE140に対するユーザー側での対処法

140のエラーは、放置していて良くなるという内容のエラーではありません。繋がっているか繋がっていないかという単純な構造の部品なので、調子が良い時と悪い時があるという場合は、経年劣化によって接触が悪くなっているということが予想できます。

この場合、完全に断線してしまうと給湯器が全く動かなくなってしまうので、早めに修理、部品交換することをおすすめします。

 

また上の方でも軽く触れましたが、状況によっては「熱交換器に詰まりがある→その部分が異常に熱を持つ→温度ヒューズに負担が掛かってE140」というパターンも珍しくありません。

この場合は電源の入り切りで使用できたとしても、使用すれば使用するほど他の部品に負担が掛かってしまう可能性があるので注意しましょう。

 

温度ヒューズは安全装置の1つなので、万が一にも危険な状態で作動したのだとしたら、一刻も早く点検する必要があります。

ユーザー様で対応できることは無いので、エラー140を確認したら速やかに修理依頼をしてください。

 

スポンサーリンク

E140を修理・交換する際の修理内容と修理費用

部品代は機種によって大きく変わりますし、症状によっては他の不具合と併発している可能性もあるため、ここで示す修理費用はあくまで1つの目安としてお考え下さい。

E140の点検内容

  1. 温度ヒューズの抵抗値を測定し、接触不良なのか完全に断線しているのかを確認する
  2. 完全に断線している場合は、燃焼状態が悪くないかどうかを確認する
  3. 温度ヒューズだけの問題なら温度ヒューズを交換、燃焼状態も悪ければそれに関係する部品も交換する

 

E140の大多数は経年劣化による接触不良ですが、年数の経った給湯器の場合は「経年劣化による燃焼不良によって、温度ヒューズに負担が掛かった」というケースも考えられるため、断線している場合は特にバーナー部などを注意深く点検します。

この時、バーナーや熱交換器に詰まりが確認された場合、温度ヒューズだけを交換してもすぐに再発してしまうことが予想されるので、この場合は原因を取り除いたうえで温度ヒューズを交換することが必要です。

 

温度ヒューズの交換費用

  • 温度ヒューズ:3000円以下
  • 作業料:10000円以下
  • 出張料

温度ヒューズは部品そのものは非常に安価なのですが、1台の給湯器に複数取り付けられているため、必ずしも1箇所の交換で済むとは限りません。

もし温度ヒューズ①しか交換せずに修理を終えて、その後すぐに温度ヒューズ②が故障して再度140のエラーが出たら最悪なので、修理スタッフの判断にもよりますが全ての温度ヒューズを一気に交換するケースも多いです。

 

そして燃焼状態が悪いせいで温度ヒューズの故障に繋がったという判断になった場合は、バーナー部分の交換や熱交換器の交換も必要になり、高額修理に発展してしまう可能性も考えられます。

こうなってしまった場合は修理にも高い費用が掛かってしまうので、もしお使いの給湯器が10年近くになっている場合は、修理ではなく給湯器本体の買い替えも検討するといいでしょう。

知らないと損をする給湯器の寿命の話|修理か交換かの正しい判断方法

 

スポンサーリンク

給湯器のE140の厄介なポイント

修理業者としては修理ではなく買い替えに話を持って行きやすい

E140の厄介なポイントは、修理業者の方で「経年劣化による燃焼不具合」というキーワードが普通に使用できるという点です。

上の方でも軽く触れたように温度ヒューズの故障には大きく2種類あり、それぞれ「接触不良、作動による断線」がほとんどと言ってもいいでしょう。

 

後者はともかく、前者は「部品が経年劣化=燃焼状態も悪い」と直結できる内容になっているので、ユーザー様に買い替えを検討させるのには十分すぎるほどの理由を持っています。

それを上手く使って、実際には温度ヒューズだけの交換で済むような修理でも、少し大げさに煽って買い替えさせようとする業者もいるので注意してください。

 

温度ヒューズが断線している以上、必ず経年劣化はありますが、それが他の部品の故障に直結するかどうかはハッキリしないケースが多いです。
明らかな嘘を付くことはないにしても、ちょっと大袈裟に話をするという修理業者は多いので、ユーザー様の方でもしっかり考えて欲しいと思います。

大袈裟に説明をすることで、もし修理を強行して別の箇所が壊れちゃっても、「ほら、言ったでしょ?」みたいになるもんなぁ。
分からない以上は無責任なことも言えず、結果的に保身みたいになっているというわけだね。

 

E140は応急処置ができない

これはメーカーからの指示でハッキリと明言されているのですが、E140を始めとする安全装置に関しては応急処置が認められていません。給湯器は一昔前と比べて圧倒的に複雑化しており、最近は調整で済むような修理は少なく、修理と言ったら部品交換というような風潮になっています。

E140が出てしまうと一切お湯が使えなくなるパターンが多いので、ユーザー様としては「一刻も早く修理してほしい」という感情が芽生えると思うのですが、多くの場合は部品注文をして、届き次第再訪問させていただいて修理という流れになることがあります。

この時「部品が届くまで、何とか応急処置はできないの?」と聞かれるまでがワンセットです。残念ながら「安全装置の応急処置は、メーカーから禁止されている」ので、ここはどの修理スタッフも毅然とした態度で「できません」と答えるでしょう。

 

理由として「安全装置を解除(あるいは工作)した状態で使用させ、万が一事故に発展した場合に責任が取れない」という事情があります。万が一、応急処置をしないことに対してユーザー様からお叱りを受け、それがクレーム事案に発展したとしても、それはメーカーからの指示なので修理スタッフとしては痛くもかゆくもないというわけです。

メーカーの方でも安全装置の応急処置についてのクレームに対しては理論武装されているため、ユーザー様のクレームで対応が変わるという事は恐らくないと思います。

 

スポンサーリンク

最後に

給湯器における140のエラーは、給湯器の修理全体で見ても比較的多い修理内容です。温度ヒューズそのものが安全装置という立場で精密に作られており、丈夫に作るわけにもいかないことが関係しているのかもしれません。

危険だったから作動したというケースはほとんどありませんが、危険な状態でなくても給湯器が使用不可能になってしまうという意味では、非常に厄介なエラーと言えます。

症状によっては「お風呂を動作させている時だけエラー140が出る」ということも考えられるものの、完全に断線してしまえば給湯も使えなくなってしまうので、エラー140を確認した時点で修理依頼をすることをおすすめします