お風呂の湯量がおかしい時のチェック項目|それ簡単に直せるかも!

お風呂の湯量がおかしい時のチェック項目

 

お湯張り機能を持っている給湯器を使っていると「お風呂の湯量がおかしい」という不具合が発生することがあります。

考えられる故障内容としては「基板不具合、注湯電磁弁不具合、ふろ循環ポンプ不具合」などが挙げられますが、中にはユーザー様によるちょっとした調整で直るケースも。

今回は「お風呂の湯量がおかしい時のチェック項目」と題し、簡単に直すことができるかもしれない内容と共に、自動湯張りの故障に関する情報をご紹介します。

 

給湯器博士、今回もよろしくお願いします!

こちらこそよろしくお願いします!

 

スポンサーリンク

お風呂の湯量がおかしい時にチェックすべきこと

循環フィルターは綺麗か、しっかり装着されているか

 

循環フィルターというのは、浴槽内に設けられている上記画像のような形状をしたものです。表面が網目状になっていて、ここで浴槽内のゴミが給湯器に入り込まないように食い止めています。

もしこのフィルターにゴミ詰まりがあるという場合、ふろ自動ボタンを押してお湯張りをしても「ずっとお湯張りが止まらない」とか、あるいはエラー632やエラー032を出して給湯器が停止してしまう可能性があります。

 

また、フィルターが綺麗だったとしても正しい角度で装着されていなければ、同様にエラーを出してしまう可能性があるので、パッと見てちゃんと嵌まってそうだとしても、一旦外して取り付け直すことをおすすめします。

給湯器のエラー632はふろ循環不良|ユーザーができる対策と修理の内容

 

昔、お風呂掃除を急いで適当にやったせいで循環フィルターが上手く嵌まってなくて、そのせいでお湯張りがおかしくなったことあるよ。

小さいお子さんがいらっしゃるご家庭では、お手伝いでお風呂掃除をしてくれているというケースも多く、その時に上手く装着できていないケースもあります。見た目は正常でも実際には浮いていることがあるので、必ず外してから装着し直してみてください。

 

浴槽に水が入っている状態で「停電」は無かったか

 

給湯器にはフルオートタイプやセミオートタイプなど、お湯張りの性能によって数パターン用意されているのですが、お使いの給湯器がフルオート以上の機能の場合に「水位センサー」という部品が搭載されています。

この部品は「浴槽に現在どのくらいのお湯が入っているか」を計測・測定する部品なのですが、もし浴槽にお湯が入っている時に停電があったり、お家のブレーカーが落ちてしまった場合には、この湯量が狂ってしまうことがあるんです。

 

そのため、ちょっとしかお湯が入っていないのに、水位センサーは「もう満タンになっている」と判断したりすることで、実際の湯量と給湯器の計算が合わなくなってしまうという感じです。

これは水位センサーが搭載されている機種にのみ有効ですが、水位リセットと呼ばれる行動をすることによって改善するかもしれません。

具体的なやり方は「電源ボタンを切った状態で電源ボタンとふろ自動ボタンを同時長押し」とかそういう動作になりますが、これは機種によってやり方が異なるので、詳しくは取扱説明書をご覧ください

 

停電がなくても水位センサーが搭載されている給湯器なら、お風呂の湯量が極端に多かったり少なかったりと言う場合で、かつエラー番号が出ないという場合にやってみる価値は十分にあります。

 

スポンサーリンク

時間経過で水位が変化するケース

徐々に水位が下がっていく(湯量が減っていく)場合

「時間経過と共に徐々に湯量が減っていく」という場合は、ふろ回路のどこかから水漏れしている可能性大です。

どれくらいの量で減っているのかによって怪しい部分は変わってきますが、浴槽に破損がないのであれば「排水栓か循環金具」が怪しいと思います。

 

ユニットバスの排水栓はパッキンだけを交換するということは基本的にはせず、レリースを含めた排水栓セットで交換した方が無難です(レリースは、浴槽フチのボタンを押した時に排水栓を上げ下げしているワイヤーのことを指します)。

ゴム製の排水栓なら、同じサイズのモノをホームセンターから購入してきて交換すればOKです。

循環金具は浴槽の内と外でそれぞれゴムパッキンが噛んでいるので、浴槽側面にエプロンがあるタイプであれば、ユーザー様ご自身で交換することも可能かもしれません。この場合もパッキンだけとは言わず、循環金具ごと交換することをおすすめします。

 

徐々に水位が上がっていく(湯量が増えていく)場合

逆に「少しずつ湯量が増えていく」という場合は、ほぼ間違いなく注湯電磁弁(湯張り電磁弁)の不具合です。給湯器の修理全体でみても多い不具合で、エラーを出すこともあれば出さないこともあります。

注湯電磁弁の交換だけで済むのであれば、トータル的な修理費用は15000円~25000円前後になるかと思いますが、経年劣化の症状として多いものになるので、使用年数によっては給湯器の交換も考慮するのがおすすめです。

お風呂の循環口からの水漏れ!?|ユーザーができる対策と修理の内容

 

スポンサーリンク

最後に

お風呂の湯量がおかしい場合は部品が悪いこともありますが、それと同じくらい「フィルターが汚れてただけ」とか「水位リセットで直った」ということも多いです。

修理業者を呼べばフィルター掃除や水位リセットをするだけでも、出張点検料を含めて1万円弱の費用が掛かってしまうと思うので、お困りの方はまずご自身で本記事のチェック項目を確認してみてはいかがでしょうか。