暖房端末別の温まらない原因まとめ|床暖、パネル、ファンコンなど

 

給湯暖房機(給湯器と暖房機がセットになっている機械)等をお使いのユーザー様の中には「エラーは出ていないのに暖房端末が温かくならない」という悩みや不安を抱えることになるケースが少なくありません。

 

  • 床暖が温かくならない(全体または一部のみ温かくならない)
  • パネルが温かくならない(全体または一部のみ温かくならない)
  • ファンコン、浴室乾燥機から風が出ない

 

これらの場合に「よくある故障事例、暖房端末が温まらない原因のまとめ」についてご紹介します。

設置状況や使用している暖房端末によって細部情報が異なるため、実際には「現場を見てみない事には、正確な故障診断はできない」という前提がありますが、基本的な故障事例として参考にはなるはずです。

 

給湯器博士、今回もよろしくお願いします!

こちらこそよろしくお願いします!

 

スポンサーリンク

暖房端末別の温まらない原因まとめ(エラーあり)

 

給湯暖房機、あるいは床暖房やパネルヒーターなどに使用している暖房専門機の場合は、多くのケースで給湯暖房機(あるいは暖房専用機)のリモコンが設置されていると思います。

暖房機が動かない場合は、基本的にはこのリモコンにエラー表示がある場合がほとんどです。特に「エラー043」などは、よく見るエラーと言ってもいいでしょう。

給湯暖房機のエラー043は暖房水不足|応急処置可能でも注意あり!

 

給湯機能も持っている暖房機を使用している場合に「給湯機能も使えない」という場合は、基本的には安全装置の故障などが考えられるので、まずはエラー表示を確認してください。

一方で暖房専用機を使用している場合、特に「暖房機そのもののリモコンが設置されていない場合」などは、少し厄介なので次の項目で詳しく説明します。

 

スポンサーリンク

暖房端末別の温まらない原因まとめ(エラーなし)

暖房熱源機のリモコンが設置されていない場合

リモコン

 

各家庭の設置状況によっては、暖房熱源機のリモコンが設置されていないケースも少なくありません。

例えば床暖房であれば、暖房熱源機ではない別売りの床暖コントローラーという操作端末が設置されていることが多いです。浴室乾燥機場合も、このタイプが多いですね。

 

熱源機ではなく、暖房端末専用のリモコンが設置されている場合の多くは、熱源機のエラー表示はしないことがほとんどです。

見分け方としては「ボイラーのメーカーとリモコンのメーカーが違う」などが1番分かりやすいですが、熱源機と端末のメーカーが一緒の場合は見分けるのが難しいかと思うので、その場合は「リモコンに印字されている型番でググってみて、それが熱源機の操作端末なのか、それとも暖房端末の操作端末なのかを調べてみる」のをおすすめします。

 

あとは暖房端末がファンコンなどの場合には「ファンコンの電源を入れれば、自動的に熱源機の電源も入る」という環境になっていることが多く、この場合も熱源機のリモコンが設置されていないことがあります。

基本的には暖房熱源機にもリモコンが必要なのですが、暖房熱源機のリモコンでやることと言えば「電源の入り切り/循環する不凍液の大まかな温度設定」であり、「不凍液の温度=部屋の温度とはならない」ので、風が出るタイプの暖房端末では「熱源機のリモコンは無いほうが分かりやすいし、使用しやすい」という側面があるのも事実です。

 

暖房機のリモコンが設置されている場合、暖房端末を動かそうと思ったら「暖房機のリモコンと暖房端末のリモコンの両方の電源を入れなければならない」ということがあり、「だったら暖房端末のリモコンだけでいいのでは?」という考えのもと、暖房機本体の操作端末は設置されていないことも珍しくありません。

 

床暖、パネルヒーターの全体または一部が温かくならない

パネルヒーター

  • 循環する不凍液が温まっていない
  • 循環する不凍液は温まっているが、それが正常に循環していない

 

床暖やパネルヒーターが温まらない原因は主に上記の2点が考えられますが、不凍液が温まらない場合は基本的には暖房機が燃焼していないことが多く、この場合は本体にエラーが出ていることが多いです。

一方で厄介なのは「暖房機は燃焼していて不凍液も温められているのに、それが何らかの原因で上手く循環していない場合」で、この場合の多くは「エラーがないのに、なぜか床暖房が全体または一部が温まらない」という症状になります。

 

全体の場合は大元が、一部の場合はその暖房回路のみが封鎖されていることが多いです。

暖房配管の詰まりが原因になっているケースもあれば、暖房熱動弁(アクチュエータ)が開閉していないというケースも考えられるでしょう。

※暖房熱動弁は、以下の画像を参考にしてください。

 

暖房熱動弁

 

暖房端末が複数の場合、例えば「リビングの暖房は動かしたいけど、寝室の暖房は動かなくていい」など、部屋によって使い分けたいということがほとんどだと思います。

この場合の多くは「熱源機は通常通り動いて不凍液を温め、この不凍液を必要な回路にだけ流す」ということがほとんどです。

 

切り替える方法は設置状況によって異なりますが、主流は「暖房端末専用リモコンと熱動弁が連動していて、電源がONになっている回路だけに熱源機で温められた不凍液を流す」というシステムを組んでいる現場が多いのではないかと思います。

この時、リモコンと熱動弁の連携が上手くいかない(リモコンは熱動弁を開くように命令を送っているが、熱動弁が開かない)という場合は、エラーを出す事がなく、さらに温められた不凍液も流れていかないというケースが考えられるでしょう。

 

ちなみにパネルヒーターの場合は、基本的にパネルヒーターそのものにバルブが取り付けられていることが多く、これを熱動弁と考えて差し支えありません。

「見た目上はバルブを開けているんだけど、内部では実は閉じている」という故障もあるので、パネル全部が温まらないのであれば熱源機や循環ポンプそのものの故障が考えられますが、一部のパネルが温まらないというのであればパネルそのものが怪しいことが多いです。

パネルヒーターが冷たい時の原因と対処法|依頼前にチェックすべき点

 

ファンコン、浴室乾燥機から風が出ない

ファンコン

  • 循環する不凍液が温まっていない
  • 循環する不凍液は温まっているが、それが正常に循環していない
  • 暖房端末本体の故障

 

ファンコン、浴室乾燥機など「ボイラーで温めた不凍液を利用して、温風を出すタイプの暖房端末」を使用している場合、風が出ないという不具合が多いです。

「冷たい風すら出ない」というケースが多いわけですが、暖房端末の仕様上「流れ込んでくる不凍液の温度が一定上でなければファンが動作しない」というシステムになっていることが多いので、この場合は「暖房端末の電源を入れても、うんともすんとも言わない」というケースがほとんどだと思います。

 

この場合も当然ながら「全部のファンコンが動作しない=熱源機(ボイラー)の故障、一部のファンコンが動作しない=ファンコン本体の故障」である可能性が高いです。

ただし浴室乾燥機などは1台しかないことがほとんどだと思うので、このような場合は「機械そのものを触ってみて、温かい気配を感じるかどうか」をチェックしてみるのがおすすめです。

 

「温かい不凍液が流れ込んでいないから動いていない」のか、それとも「温かい不凍液は流れ込んでいるけど、風を送ることができない」のか。

前者であれば熱源機の暖房ボイラー、後者であればシロッコファンの動作不良などの暖房端末の故障が考えられます。

ちなみに熱源機と端末機のメーカーが違う場合、間違った場所に修理依頼をしてしまうと出張料が余分に発生してしまう可能性があるので注意しましょう。

ファンヒーターが動かない時、どこに修理依頼するのが正解か

 

パネルヒーターのケースと大きく違うのは、暖房端末が精密機械の場合は、暖房端末そのものの故障の可能性があるってことだね。

そうですね。床暖房やパネルヒーターは基本的に「温めた不凍液を流すか流さないか」というシンプルな構造ですが、ファンコンや浴室乾燥機は温度調整などの機能を持っているので、機器本体の故障も考えなくてはなりません。

でも暖房端末が故障してるなら、エラーは出るんじゃないの?

エラーが出る場合が多いですが、一部給湯器の故障と一緒で「エラーを出さない不具合」も多数存在するので、一概には言えないですね。

 

スポンサーリンク

暖房熱源機と暖房端末のメーカーが違う場合の対処法

上の方でも軽く紹介しましたが、結構多いクレーム事案になっているのでご紹介します。

この手の「暖房端末が動作しない」という故障において多いトラブルの1つが「暖房ボイラーのメーカーと暖房端末のメーカーが違い、どこの業者に修理依頼するか」というものです。

 

例えば「暖房ボイラーがリンナイ製、浴室乾燥機が三菱製」などのパターンは結構あるので、浴室乾燥機が動作しないという場合に、どっちの業者を頼るのかというのが重要ポイントとなります。

リンナイに修理依頼をして、原因がリンナイのボイラーにあれば問題ないのですが、リンナイのメンテナンスの人に「これは暖房端末の故障で、うちの機械は問題ありません」という診断をされた場合、基本的にはリンナイの人に出張点検料を支払い、再度暖房端末のメーカーに修理依頼をするという二度手間が発生します。

 

出張点検料はメーカーによっても異なりますが、大体3000円~5000円くらいの最低経費が設定されていることが多いので、これを無駄にしないためにも「まずはご自身で、どこに原因があるのかを軽く調べてみる」くらいのことはした方がいいです。

どうしても分からなければ、修理依頼先の業者に症状を説明して「おたくに修理依頼をすれば解決しそうですか?」と聞いてみるのもいいでしょう。

大抵は「現場を見てみないとハッキリとは分からない」と一蹴されてしまうと思いますが、上手くいけば万が一間違っても出張料だけにしてくれたりとか、そういう恩恵が受けられるかもしれません。

 

スポンサーリンク

最後に

暖房端末が動かないことの原因は、一口には言い表せないほどの様々な要因が考えられます。

エラーが出ているのであれば、その番号をググってもらってどこに原因があるかを調べてもらえればいいのですが、そうでもなければ原因がどこにあるかを判断するのは、ユーザー様にとっては非常に難しいはずです。

 

ただ、単純に考えるだけでも「正常に動く箇所と動かない箇所があるのに、熱源の暖房ボイラーが故障しているってあるのかな?」という疑問は出てくるはずですし、その疑問によって二度手間が解消されることも十分にあります。

二度手間がなくなれば修理費用はもちろん、修理が完了するまでの日数も短縮されるので、ご自身で色々な可能性について考えてみてはいかがでしょうか?